現在の銀行の仕組み

預金や利息について

預金や利息について

子供がお金を眺めている画像

金融機関というと世の中には、3つあります。銀行と保険会社と証券会社です。銀行がどうやって利益を得ているのか?多く方々から預金口座を作ってもらってその振込み手数料などだけで生計を立ているのか?不思議に思うところですが、簡単に一言で言ってしまうと、多くの方々からお金を管理するということで口座を作ってもらい、そこで集まった資金を運用して利益を出してゆくというのが主な利益を上げる仕組みとなっています。現在は、保険商品を取り扱ったりとさまざまな要素が取り入れられていますが、多くは、集まった資金を企業などに融資してその利息で生業を立てています。

企業の中には、安定した企業やこれから成長を目指している企業も多くありますから、営業担当者は、企業に経営のアドバイスをして融資をしながら、より大きな利益を上げてもらう。そして、またその企業が成長してゆく中で、設備投資や人材育成費用、資材調達などに必要となった資金を融資し、利益のスパイラルを増してゆく仕組みとなっています。企業は、いくら利益を上げていても、資金繰りがうまくいかなければ、倒産に追い込まれてしまうため、銀行と二人三脚で経営を維持してゆくこととなります。